大矢 一成(おおや かずなり)


展示名
うるし その可能性と未来
出 品
風を盛る(東風・西風・南風・北風)(かぜをもる(ひがしかぜ・にしかぜ・みなみかぜ・きたかぜ))

「風を盛る器」として羽の形の木の器を制作しました。四方から吹く風にのって集まった生命の気配を姿にしました。


所属団体 京都市立芸術大学

生  年 1978年

出身地  大阪府

主な略歴

2004年 京都市立芸術大学大学院美術研究科(漆工) 修了

2004年 京指物工房に勤務(~2013年)

2013年 京都市立芸術大学漆工研究室 准教授