松崎 森平(まつざき しんぺい)


展示名
うるし その可能性と未来
出 品
乾漆螺鈿箱「移りゆく」(かんしつらでんばこ「うつりゆく」)

コロナ禍中の作。大きな環境の変化の中、不安や揺れ動く感情は美しいのではないかと、自分を奮い立たせて制作をした。変化し移りゆくことを前向きにとらえ表現をしたい。


所属団体 沖縄県立芸術大学工芸専攻・漆芸分野 常勤講師

生  年 1981年

出身地  東京都

主な略歴

2007年 東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻 修了

2009年 東日本伝統工芸展 山種美術館賞

2010年 日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞

2012年 東京藝術大学漆芸研究室 非常勤講師

2019年 FACE展2019日本興亜美術賞展 優秀賞,オーディエンス賞

現 在 沖縄県立芸術大学工芸専攻漆芸分野 講師