高橋 誠一(たかはし せいいち)


展示名
うるし その可能性と未来
出 品
流漆彩大皿(りゅうしつさいおおざら)

漆という植物が作り出す液体の持つ生命力をイメージの根源として、漆液の持つ「流動」を表現の主軸とした、日常生活で使用することを目的とした1尺2寸の大皿。


所属団体 富山大学

生  年 1959年

出身地 神奈川県横浜市

主な略歴

1986年 東京藝術大学大学院修了、福島県会津若松工業試験場研究員

1992年 国立高岡短期大学講師

2021年現在 富山大学芸術文化学部教授

個展31回(東京、富山、石川、大阪)

コンペティション入賞、入選 グループ展 多数