現代漆芸作家展「紅蓮」「翁」

展示イメージ

東京藝術大学出身の漆芸作家のいらはらみつみ氏の作品を展示します。
「紅蓮」
猛火の炎の色と言われる「紅蓮」。人の心は時として「紅蓮」に染まることがある。それは、情念の淵に立った者にしか見えない炎なのだろう。
「翁」
能「翁」の舞台。白い面をつけた「翁」が退場すると「三番叟」が躍り出、やがて黒い面をつける。「三番叟」は「黒い翁」となり、語ることを許されない「白い翁」の代弁をするかのように、自らの運命を語りつづける。
日 時
10月1日(土)−10月30日(日)  平日 11:00−16:00  土日祝日 10:00−17:00
出 品
協力:いらはらみつみ
会 場
ギャラリー・アブドゥ(栄町オサダ3階 中町1-4)
会場MAP